スポンサーリンク

プログラム言語【Python】について

【提供】kropekk_plによるPixabay Python
【提供】kropekk_plによるPixabay

Phythonは『AIに使われるDeep Learning(機械が自動的にデータから特徴を抽出)』『IoT』『ロボット制御』などで利用されるプログラミング言語です。

記述方法が他言語より直感的にわかりやすいため、プログラミング授業で使われつつあるプログラミング言語です。

僕も12年前に大学で少し学びましたが、CやJavaと比べて実行速度が遅いという欠点があったので、軽視していました。

スポンサーリンク

Pythonでできること

Deep Learning

機械による自動学習です。
例えば、「『人』はこういう形」と機械に登録します。

そして、デパートの入り口にカメラを設置しておくだけで、機械が自動で人が何人通ったかをデータ収集することができます。

自動車の障害物検知など、今後はあらゆるAI、IoTで必須になる技術です。

ロボット制御

AI社会で『自動化』『無人化』が進むと、人の代わりにロボットが作業を行います。

ロボットといっても、鉄腕アトムやガンダムのようなものだけではなく、物を運ぶ配送ロボットやアーム、またAmazonや楽天が力を入れているドローンがあります。

【写真・図版】自動配送ロボットの初号機を披露する三笠製作所の石田繁樹社長=19日、愛知県扶桑町
【画像3/3枚】きっかけはホリエモン 自動配送ロボを開発、実証実験へ:朝日新聞デジタル

朝日新聞DIGITALより抜粋

ロボット開発だけでなく、整備にもプログラマーが必要になります。

マーケティングの情報収集

アンケートを集めて、Excelに入力してデータ分析している方も多いと思います。
『Python』利用すると、アンケートを不特定多数に送るアプリが作れますし、また集計も自動できます。

アンケート用紙を作って、集めたデータをExcelに入力し、入力チェックする必要がないため、集計データの拡大、工数削減、ミス防止、さらにペーパーレスと、メリットばかりです。

『Python』は上記以外に、仮想通貨、ブロックチェーン、株価の予想、アプリ開発など、幅広い分野のプログラムを開発することができます。

まずは義務教育の改善が大切

2020年から開始するプログラミング教育

「文部科学省が2020年から小学校の必修科目として取り入れる」と公表しました。
今後のIT社会では、どんな学歴でも最低限プログラミングの基礎を知っておかないと、雇われなくなるので、必修科目して正解だと思います。

ただ、10年ぐらい遅い。
そして、『プログラミング教育』と言っている方々も、プログラムを知らない人が大半だと思います。

学校の業務改善が優先

まず、学校の先生が教えるのは無理だと思います。
プログラミングを義務教育で教わってない先生達が、担任制でプログラミングを教えられないでしょう。

残業の多い教員もいるので、まずはこれらの問題を解決しないと、新しい教科を教えることは難しいです。
さらに、いじめやモンスターペアレントなどの勉強以外の問題があります。

問題を解決するには、会社と同じで時間短縮するための業務改善です。

国語

読み合わせって意味ありますか?

社会人になってから「じゃあ、杉野君読んでみて」と言われた経験が一度もありません。
上司から言われることは「これ読んでおいて」です。

これで、国語の時間を大幅に短縮できます。

美術、図工、音楽

美術、図工、音楽は『個性』で得意・不得意が変わるので、大学のように選択式で良いと思います。
天才は趣味を極めて仕事にするため、重要な科目です。

黒板写し

プレゼンテーション方式にして、いつでもWEBで見れるようにすれば、黒板に書く時間も、メモする時間も短縮できます。
社会人になったら、録音・撮影ができれば、間違えてインプットすることがなくなります。

学校は『授業に出ること』を重視しますが、授業に出なくても100点を取れる子はダメなのでしょうか?
社会人になれば、会社に通うだけの人より、短時間で成果を出す人が高い賃金を貰えます

担任制の廃止

大学のように、専門科目毎に先生を分ければ良いと思います。

・個別に科目毎に資料を作る時間が無駄
・先生によって、科目毎に教え方が異なるのも無駄

先生も生徒もデメリットが多いです。

教育、仕事でPythonの需要が増えると予想

プログラミング言語はたくさんある

プログラム言語は、『Python』『C』『C#』『C++』『Java』『VB』『Ruby』『Unity』『HTML』『機械語』と様々な言語があります。

「うわ!こんなに覚えられない!」と感じますが、やってることは同じです。
自動車で例えると、『トヨタ』『ホンダ』『マツダ』といろいろなメーカーが自動車を開発していますが、動作は同じですよね。
でも、内部構造が異なったり、外見、内装、塗装と全く同じではありません。

1つ覚えれば、細かい内部構造が違うだけで、プログラムの書き方は同じです。

Pythonは入門しやすい

公式サイトから、ダウンロード&インストールするだけで利用できるようになります。

Welcome to Python.org
The official home of the Python Programming Language

ダウンロード&インストールの手順については、プロの方々がわかりやすく説明してくださっていますので省略します。

僕もさっき試したところ、自動でPATHを設定してくれるチェックを入れ忘れてしまうミスをしましたが、15分ぐらいでできました(ミスしなければ5分程度)。
『比較』の計算式で動作確認したところ、正常に動きました。

ソースコード

「年齢は32ですよ」と教えて、比較のif文で「oldが30を越えていたら『あなたはジジィです。』、30以下だったら『あなたはキャピキャピです。』と返事してください」というソースコードです。

コマンドプロンプトで実行してみると、

「あなたはジジィです。」

年齢は32歳なので、見事に正解です。

txtファイルにソースコードを書いて、コマンドプロンプトで実行するだけなので、非常に簡単です。
『Python』はクライアントとサーバーの開発ができるため、『Python』でリアルタイム通信のアプリを一度でも開発した経験があれば、どの企業からも重宝されます。

小学生から『Python』を学ぶべき

僕も大学で専攻した身ですが、早ければ早いほど勉強した方が良いです。
プログラムが作れるだけでなく、ロジカルシンキングを鍛えることができます。
さらに、算数と英語の勉強もできます。

日本人は本当にロジカルシンキングが苦手で、効率の悪い作業をしていても気づいていない人が多数です。

今後売上の伸びる大手企業はAI、IoT、ロボットに関するプログラミング経験のある人を求めるので、経験が長ければ長いほど就職に有利です。

ただ、大半の義務教育では「プログラムを書くだけ」になると予想しており、社会に必要な『発想力』や『創造力』などの能力はほとんど身につかないでしょう。

学歴・年齢問わず、プログラミングスキルで就職先が決まる

先ほど説明しましたが、プログラミングの経験が長ければ長いほど、就職に有利な時代がきます。

例えば、大手ゲームメーカーに2つのグループが面接にきたと仮定します。


1グループ目は、東京大学(文系)卒業の最優秀5人組。

偏差値約70の大学で、さらにトップの5人!

小学生の頃から親に勉強漬けされており、仕事や部活の経験はありません。



2グループ目は、地方の小学生グループです。

しかし『フォートナイト』のようなゲームを開発・運営しています。

リリースしたばかりですが、海外からも好評で、日々ブラッシュアップして、ユーザーもどんどん増えています。



ゲーム会社はどちらを選ぶと思いますか?

法律を考えなければ、実績のある『小学生グループ』でしょう。

クライアント開発、サーバー開発、運営、プロモーションのノウハウがあり、チームワークも完璧です。しかも12歳なので、まだまだ成長する機会はあります。

これは極端な例でしたが、プログラミングに関しては『経験』>『学歴』です。
今後は中学生や高校生でも、優秀なプログラマーがどんどん現れると予想しています。

そして、若い優秀なプログラマーは取り合いになり、学歴重視のIT企業は衰退すると考えています。

最後に

地方の本屋でもプログラミングに関する商品に力をいれているので、大きい変化を感じます。

今後は、社内にいる高年収・高年齢の社員より、ロジカルな考えで、効率良く仕事して、マネージメントできる若手社員が、今よりどんどん増えると考えています。

高年収・高年齢のロジカルではない社員が自分の席を守るために、『できる社員』を排除するので、経営者は人事評価をしっかり見極めることが大切です。

今までも『できる社員』が転職していった、もったいない企業はたくさんあるでしょう。そして、『できない社員』が集まり、会議・出張・飲み会・叱責ばかりして、非生産的なことを繰り返して、無駄な人件費・光熱費が増えていく。

生産性の高い企業で年収を上げたい人は、今から『Python』を勉強しましょう。

コメント