能力

志の力

【提供】Gerd AltmannによるPixabay 能力
【提供】Gerd AltmannによるPixabay

『志』が大切であることについてご紹介します。

志とは

士(さむらい)の心と書き、志(こころざし)と読みます。

「心がある目的に向かって動く」という意味があります。

僕は志で動いている

ADHDと呼ばれる病気かもしれませんが、僕は思ったらすぐ動きたい人間です。

最後に勤めた大手玩具会社を辞めようかと考えたのは、各地のイベントでアンケートを取っていた時に「好きなことがわからない」と答える子供が複数いたからです。

その時に今の教育だと子供達の将来が危ないと感じ、営業より子供達と会うイベントを重視しました。

会社側はそれを良く思わなかったのか、上司から契約解除の話が出て退職しました。

その後、子供達が幸せになるためにどうすれば良いか?を考え、心理学と世界の情勢の勉強を始めました。

勉強していた時に、経団連とトヨタが「終身雇用と年功序列を守れない」と発言したニュースを見て、近い将来に新卒採用が激減し、大量解雇の時代になると予想して、子供だけでなく、子供~大人の創造力を育てるものづくり塾でスタートしました。

これが成功するかどうかなんてわかりません。

本当にそんな未来になるかはわからないですから。

でも「もしそんな未来になった時に苦しむ人がいないように」と考え、交流会や勉強会で出会った人に想いを伝え、少しずつ、同じ想いの人との繋がりが大きくなりました。

志はお金では動かない

食べ物、衣類、娯楽…何を得るのもお金が必要です。

国(政治)や世界もお金で動いています。

「海外旅行に行きたい」「良い場所に住みたい」などの夢も、お金で手に入ります。

じゃあ、無限に使えるお金が手に入って、お金で買える夢が全て叶ったらどうなるのか?

『ミュージシャンになる夢』を強く持っている人を止めたいと思っても、どれだけお金を出しても止められないでしょう。

その人が夢を捨てたら、その人の中の、生きる価値がなくなります。

志 = 夢 = 生きる価値

僕はどれだけお金を貰っても今の仕事(志)を辞めることはありません。

それは指示されることがストレス過多となり、うつ病になり、自殺を考えた事実があるからです。

お金で志が変わるなら、それは志ではありません。

目的を達成するためにお金は必要です。

お金は志を達成するための道具です。

おわりに

なぜ僕がを大切に考えているのかというと、辛い人生をよく知っていて、しい人生もよく知っているからです。

僕は学校教育や指示された仕事が苦手です。

苦手なことを無理やり頑張った過度のストレスで、うつ病、突発性難聴、椎間板ヘルニアになりました。

もしかしたら、もっとストレスの負荷をかけると、目が見えなくなるかもしれません。
免疫力が落ちて、命に関わる不治の病になってしまうかもしれません。

子供の頃から記憶力が悪く、社会に出ると忖度という上下関係が苦手で、年上の方々から嫌われ、残業代を申請しないように指示されたり、毎日大声で何時間も怒鳴られたり…

人間関係のストレスでうつ病になり、自殺一歩直前まで追い込まれました。

その後なんとか転職できて、ゲーム関連会社で契約社員として働きましたが、ここでも仕事が上手くできず、クビになる寸前でした。

その時に社長から「東京で営業してみるか?」と声をかけていただき、めっちゃ怖い人でしたが、2年間いろいろ勉強させていただきました。

テレアポ&飛び込み営業を2年間続け、その後に大手玩具会社に転職して気付いたことは、好きなことを仕事にすれば毎日楽しくなり、ストレスがほとんどなくなることです。

営業職は社内の人達から怒られて、お客さんからも怒られる辛い仕事ですが、子供の頃からずっとゲームと玩具が好きだったので、辛くても凄く楽しかったです。

よく「好きなことを仕事にすると嫌いになる」と言う人がいますが、僕はそれは違うと思います。おそらくそれは、本当に好きなことではないんじゃないか?と。

僕はこの『本当に好きなことを仕事にすると楽しい』を、1人でも多くの方に知っていただきたいと考えて、今では《個性をブランディングする塾【すぎの塾】》を個人で行っています。

僕のように人間関係や仕事が上手くいかず悩んでいる方々、勉強が苦手で将来不安な子供達が、毎日元気に楽しく自分らしく人間らしい人生を謳歌してほしいと願っています。

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント