ビジネス教育

継続は力なり

【提供】Gerd AltmannによるPixabay ビジネス教育
【提供】Gerd AltmannによるPixabay

【継続は力なり】という言葉を聞いたことがありませんか?

年功序列の時代は、苦しくても同じ企業で働き続けることによって、年収が上がっていました。
しかし、現代では年功序列は崩壊しつつあり、サービス残業など不当な働き方を正当化する人もいます。
これは正しい【継続は力なり】ではありません。
しかし、正しい【継続は力なり】を理解することによって、年収を上げることができます。

大体は、すぐには成果が出ない

以下は僕のブログの、半年間を週毎に分けたページ表示数です。

ページ表示数

2019年6月にブログをスタートし、半年の間、少しずつページ表示数が増えています。
しかし、まだ収益化にはなっていないため、今後も良い記事を書いていき、ページ表示数を伸ばしていきたいと思います。

今回はブログで説明しましたが、 YouTubeの広告収入や、SNSのフォロワー数も同じです。
たまに短期間で成果を出す人がいますが、その方々は元々知り合いが多かったり、プロモーションに慣れている人が多いです。
ほとんどの人は、未経験ですぐに何十万も稼ぐことは難しいです。

楽して成功はない

宝くじ、株などで大儲けしようとする人が多いでしょう。
確かに運が良ければ、一瞬で何百万、何億が手に入ります。
しかし、一瞬は稼げても、2割~4割は国に所得税で支払い、残りを使い切ってしまえば終わりです。

本当にお金持ちになりたければ、毎月、毎年の稼ぎを上げていく稼ぐ力が必要です。
Apple設立者のスティーブ・ジョブズ、マイクロソフト設立者のビル・ゲイツは、毎月の収入が増える仕組みを考えて成功しました。

つまり、一瞬の大儲けで人生は楽にはなりません。
成功者になるためには、毎月収入を増やすための『稼ぐ力』を、日々鍛えることが大切です。

ルーチン作業は【継続は力なり】ではない

ルーチン作業とは、経理作業だったり、工場のライン作業など、同じことを繰り返す仕事です。

なぜ、ルーチン作業は【継続は力なり】ではないのか?
それは、3ヵ月もあれば、誰でも覚えられる作業ばかりだからです。
そして、その覚えたことは、その企業で必要でも、他の企業では求められていないことが多いです。

つまり、その企業でしか働けない労働者になってしまいます。

その企業でしか働けない労働者のデメリットとは?
企業が赤字になったり、AIロボット導入による人件費削減になれば、企業の言いなりのまま年収が下がり、最悪リストラの勧誘をされます。
さらに、その企業でしか求められない作業の経験しかないため、転職しても年収が下がるか、または職場が見つからないこともあります。

【継続】はしているけど、社会に認められる【力】にはなっていません。

社会が求める【力】とは?

それでは今後、社会に認められる【力】とは何でしょうか?

・プログラミング力
・AI/IoTの企画力
・ワールドシェアのプロモーション力
・分析力
・エンターテインメント力

など

2020年1月に、トヨタが2021年から『AI』『5G(6G)』の街作りを発表しました。
つまり、今後はAI/IoTに必要な知識、プログラミングを扱える人の需要が増えることが確定しています。

『AI』『5G』により、需要が減る能力があれば、需要の増える能力があります。
基本的に、需要の少ない能力は年収が少なく、需要の高い能力は年収が高くなります。

年収を上げたいのであれば、トヨタの街作りに必要な能力を身につけることが早いのではないでしょうか?

資格より経験日数

資格が必要な仕事はありますが、資格が必要ないのに資格を取ろうとする人がいます。
企業は、資格を持っている人より、経験日数の多い優秀な人を選びます。

例えば、

・フードコーディネーターの資格を持っていて、実務3ヵ月の人
・料理の資格を持っておらず、有名店で実務3年の人

あなたが料理を教えてもらうなら、どちらの方を選びますか?
有名店で実務3年の人の方が興味ありませんか?

採用する企業も同じで、資格より実務による経験を重要にします。
「どのように集客したか?」「どのような失敗があり、どう改善したか?」と、企業は【知恵】のある人を求めます。

成功はアート

『失敗』は絵の具や鉛筆であり、『成功』は仕上がったイラストやマンガのような作品です。

転職や起業で悩んでいる人がよく「成功するためにはどうすれば良いか?」と言っている人がいますが、返事としては「たくさん失敗すること」です。
イラストやマンガのような作品と同じで、失敗して改善すればするほど、成功する確率が上がります。

失敗を嫌う人は、成功しません。
世の中で成功している人は、成功の数だけ何倍もの失敗を経験しています。
『失敗』という絵の具の色や鉛筆の種類、『改善』という修正が多いほど、良い作品になりますよね?
料理やスポーツも同じです。初めて経験して、プロの料理人やスポーツ選手になる人はいません。

成功したい人は、まずはイラストを描いてみてはいかがでしょうか?
誰でも最初は下手です。
上手くなった人は、それだけ失敗&改善を繰り返してきたということです。

おわりに

【経験は力なり】とは、失敗&改善して、スキルアップすることです。
指示通りに、ロボットのように動くことではありません。

働き方改革の影響によって、サービス残業やサービス出勤する人が増えるでしょう。
そして、生産性の高い外資系企業の参入によって売上が下がり、年収が下がる人や、リストラの勧誘を受ける人も増えるでしょう。

時代は変化していきます。
現代で、『馬車』や『稲刈り』で生活している人はいませんよね?
自動車と農機具が生まれたことによって、『馬車』と『稲刈り』の仕事は無くなりました。

今、ライン作業や経理作業は、24時間無休/無給/正確なAIロボットに置き換えている大手企業が増えています。
大手企業が実施すれば、協業している中小企業も同じようにAIロボットに置き換わっていくでしょう。

満足した収入が欲しいならば、正しい【継続は力なり】をしなければなりません。
時代に合った能力を身に付けましょう!

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント