クリエイティブ教育能力

理解力|仕事や人間関係で必須

【提供】Gerd AltmannによるPixabay クリエイティブ教育
【提供】Gerd AltmannによるPixabay

『理解力』とは、ものごとの道理を知る力です。

活躍する場面

理解力は仕事だけでなく、コミュニケーションでも大変重要な能力です。

理解力が必要な場面

報連相
会議
打ち合わせ
問い合わせ
友達と会話
ニュースの内容
読書
契約書

理解力が弱いと仕事だけじゃなく、契約書を利用した詐欺で大金を失うこともあります。

理解力が弱いと騙される

まず理解力が弱いとなぜ騙されるかについてご説明します。

契約書にサインするとき、一字一句熟読せずに「大丈夫だろう」とサインしていませんか?

契約書を読めないのは、理解力がないからです。

読まない人A
読まない人A

言葉が難しくてよくわからないけど、まぁ大丈夫だろう!

読まない人B
読まない人B

文字が多くて読むのがめんどくさい。読まずにサインしとこ!

このように契約書を読み飛ばしている人がたくさんいます。

大手メーカーは信用を失うとメディアに取り上げられて大変なことになるので、よっぽどの事がない限り安全です。

だけどかんぽ生命保険のように、お客さんを騙して契約書にサインさせることもあります。

かんぽ生命保険は2019年7月に、18万3千件以上の二重徴収をしていたことがバレて、大きなニュースになりました。

契約書をしっかり確認してインターネットで調べていれば、このような詐欺を回避できたはずです。

だけど18万人以上の人が契約書を読まずに騙されたということです。

世の中にはたくさんの詐欺があるので、騙されて財産が無くならないように理解力を鍛えましょう。

理解力が弱いと孤立する

話が噛み合わない人はいませんか?

部下
部下

YouTubeでオムライスを作る動画を観てたら食べたくなってきた

上司
上司

オムライスより野菜を食べた方がいいよ

理解力のない人は人の話を聞いていないので、会話になりません。

理解力のある人は「この人と話しても楽しくないな」と感じたら離れていきます。

また理解力のない上司/部下だと、細かく説明しないといけません。

なので理解力が弱いと孤立します。

理解力の鍛え方

理解力を鍛える方法

1.読書する
2.ネットニュースを見る
3.わからないことはすぐスマホで調べる
4.たくさんの知らない人と話す
5.相手の話を聞いて質問する
6.わからないことを恥ずかしがらない

理解力はこれらで鍛えることができます。

▼読書が苦手な人はこちらをご覧ください

読書嫌いな人が読書好きになる方法
僕は2年前まで活字を読むのが大嫌いでした。そんな僕が、毎月2~3冊のビジネス書や専門書を読めるようになった方法...

日本人は理解力が弱い

日本人の大半は、理解力が弱いです。

なので悪い人は理解力のない人を狙います

例えば、さっきのかんぽ生命保険の営業マンも同じです。

バレなければ18万3千人×2万円を騙し取れたので、36憶6千万円の不正を隠せたということです。

なぜ理解力の弱い人が多いのか?

それは読解力の低い人が多いからです。

小学校から国語を勉強しますが、社会人になると勉強しない人が多いです。

だけど多くの成功している人は、どんなに忙しくても新しい知識を吸収するために読書しています。

成功者

松下幸之助(パナソニック)
稲森和夫(京セラ)
堀江貴文(起業家)
三木谷浩史(楽天)
スティーブジョブズ(Apple)
など

よく「忙しいから読書する時間がない」と言う人がいますが、彼らはもっと忙しいです。

なぜ読書をしないか?

大人になってから勉強しないのは、「勉強は子供のするもの」と考えている人が多いからです。

「日本人は勤勉だ」という言葉があります。

勤勉

仕事や勉強に一所懸命に励むこと

勤勉とは勉強をしなくても、仕事だけ一生懸命なら「勤勉な人」になります。

つまり黙々と指示通りに仕事する人が多いので、外国人は「日本人は勤勉だ」と言います。

勉強しない人はニュースの単語がわからなかったり、選挙や税金についてもよくわからないでしょう。

おわりに

僕も30歳までは読書が嫌いでした。

だけど東京で社長や役員相手の営業をしていて、仲良くなるためには理解力が必要でした。

なので毎日読書しているうちに、少しずつ理解力が鍛えられました。

今より良い人生になりたいなら、努力しないといけません。

努力せずに人を騙して儲ける人もいますが、バレたら逮捕されたり、友達や家族を失うリスクがあります。

楽しい人生にするために理解力を鍛えましょう!

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント

  1. […] […]