ビジネス教育

劇場版ポケットモンスター ココ(映画)の映画感想

ポケモン ココ ビジネス教育
ポケモン ココ

昨年の12/25から上映されているポケモンの新作映画を観てきました。

少しだけネタバレもありますので、聞きたくない人はそっと閉じてください。

ポケモン映画を観るのは22年振り

ポケモンの映画を最後に観たのは一番最初の『ミュウツーの逆襲』で、22年振りにポケモンの映画を観ました。

じゃあなぜ34歳にもなってポケモンの映画を観に行ったのかというと、2019年に発売された任天堂Switchのゲームソフト『ポケモンソード・シールド』を遊び、20年振りにポケモンにハマって、前売り券の特典に付いてくるポケモン目当てで前売り券を購入しました。

ということで、映画を観に行くことになりました。

映画の感想

映画の感想としては、友情の大切さを教えてくれる凄く良い作品でした。

『ザルード』という猿のポケモンが集団で森の良い場所で住んでいて、他のポケモン達はザルード達を嫌っていました。

現実世界で例えると、役職を手に入れて威張っているのがザルードで、部下がザルード以外のポケモン達といった構図です。

一匹のザルードが人間の赤ちゃんを拾うところから始まる

ザルードの1匹が、ケースに入った人間の赤ちゃん(ココ)を森で見つけ、子供を拾って集落に戻ると「人間なんて連れてくるな!」と、遊戯王の海馬社長で有名な声優、津田健次郎ボイスのザルードが怒ります。

そして人間の子供を拾ったザルードは、皆と過ごすことより、人間の子供を育てることを選びました。

ココはザルードに育てられて中学生ぐらいの年齢になった頃、怪我をして飛べないフライゴンを助けるために、ザルードの集落にある『治癒の泉』に行ってフライゴンの傷を治しました。

その時に津田健次郎ボイスのザルードがココに襲いかかりますが、ココを育てたとうちゃんザルードが仲介に入ります。

とうちゃんザルードが仲間達に謝り、ココは「同じザルード同士、なぜ仲良くしないんだ?」と不満を感じました。

仲良くしない理由を抱えた状況でサトシと出会う

ココがターザンごっこで遊んでいると、森の中にある鉄柱に頭をぶつけて意識を失い、川に流されて滝から落ちた時、偶然に森を歩いていたサトシに助けられます。

サトシは街の病院にココを運び、ココが目を覚めると見たことのない人間がたくさんいてパニックになり、サトシとの追いかけっこが始まります。

そこでガジリガメがパニックになって走り回っているのを協力して止めて、サトシとココが仲良くなります。

ココは赤ちゃんの頃からザルードに育てられたので、ポケモンの言葉は話せるけど人間の言葉は話せませんでした。

そのため、ピカチュウ語のわかるサトシはココの言葉をピカチュウに翻訳してもらうという奇想天外な流れになります。

本当の父親ではないことがバレて悲しい展開に

ココは仲良くなったサトシを森に連れて行き、とうちゃんザルードに「俺は人間やったやんけ!」と責め立てます。

とうちゃんザルードは人間の存在を知ってしまったココを、森の中で見つけた研究所に連れていき、赤ちゃんのココがお父さん&お母さんに抱かれている写真と、ココを拾った時に見つけたネックレスを渡します。

この時サトシも一緒にいますが、サトシだけ言葉がわからずに雰囲気で理解している状況です。

サトシはその写真を見て「あれ?お父さんとお母さんが服に付けているマーク…さっき同じマークを付けた服を着た人を見たぜ!」と、また強力な主人公補正により、その研究員のいる研究所もすぐに発見します。

ここからが面白い展開になるのでネタバレしないように省きますが、いろいろあってサトシ&ココが、森を破壊しようとする研究所の博士と戦い、仲の悪かったザルード達とポケモン達が協力して博士を倒します。

詳しく語られなかった大事なこと

これは映画で詳しく語られませんが、この森には幻のポケモン『セレビィ』が昔にいたと言われていましたが、とうちゃんザルードは見たことがありませんでした。

そして、映画のクライマックスでセレビィが森に戻ってきます。

セレビィは平和な場所に現れるという伝説があり、つまり今までこの森は平和ではなかったということです。

作中では語られませんが、映像で「種別による差別は止めて、仲良くしようよ」という見えない言葉が隠されていたということです。

他にもサトシが「夢を叶えるために挑戦し続けるんだ!だから諦めないっ!」のような台詞があったり、映画を観た人達を元気にする言葉もあります。

ポケモンが、世界で20年以上人気であり続ける理由がよくわかりました。

これはアニメであって、子供だけじゃなく大人にも『夢を叶える』教育をしているから、今でも人気なのだと。

名作には共通点がある

「アニメやマンガは子供の観るもの」と思っている大人は、騙されたと思ってこの映画を一度観てください。

『夢を諦めない心』が、一生幸せになるための大切なものだとわかるはずです。

ポケモンだけじゃなく、鬼滅の刃やドラゴンボールも、何かを救うという夢のためにどんな時でも諦めずに戦います。

夢に挑戦し続けることが幸せな時間であり、諦めたらつまらない時間になります。

たくさんの作品(アニメ&マンガ)から人生に大切なことを学びましょう。

スポンサーリンク
すぎの塾