クリエイティブ教育

クリエイターズマーケット

名古屋クリエイターズマーケット20190629 クリエイティブ教育

2019/6/29に愛知県で開催されているクリエイターズマーケットに行ってきました。

【公式】クリエーターズマーケット 名古屋発 東海最大級のアートイベント
ハンドメイドからアートまで。「東海地区最大級」のものづくりイベントで「つくるひと」を応援します!

11時スタートだったので早めに昼食をとって12時前に来場してみたら、既に人で溢れかえっていました。

名古屋クリエイターズマーケット20190629

2019年は全国5か所

2019年は20周年ということで、全国5か所で開催の予定です。

4月の大阪と6月の名古屋は終わりましたが、残りは8月に京都、10月に神戸、11月に愛知で開催されます。

出店予定ブースが2,000を越えるのは今回のポートメッセ名古屋だけなので、見応えがありました。

どういう物が売っているか

普段お店で見れないような、ハンドメイドのキーホルダーやスマホケース、お菓子などが売っています。

出展者の中には埼玉から来ている人もいて、 ほとんどの方は店舗持っておらず、通販のみで販売していいました。

通販で写真を見ることはできますが、クリエイターズマーケットで実物を見ると全然違います。

僕は通販で置物を購入したことはないですが、《いろした工房》さんの『御彼岸の行灯』に心を奪われ、8,400円で購入しました。

イラストが描かれているところがガラスになっており、色合いも良く、直接見るとすごく綺麗です。

名古屋クリエイターズマーケット20190629

他にも宇宙を閉じ込めたようなガラス玉やステンドグラス風の名刺入れなど、欲しい物はたくさんありましたが、歯止めが効かなくなると思って行灯とドライフルーツだけ購入しました。

愛知の強みは『ものづくり』

東京に引っ越す前の4年前にも行きましたが、その時より展示物のクオリティが高くなっていたように感じました。

以前はポートメッセ名古屋で年2回の開催でしたが、今年で20周年になり、年5ヵ所と徐々に拡大しています。

2019年は京都&大阪でも行うので、関西のクリエイターが増えてくるのではないかと考えています。

高級ハンドメイドが売れる

今後『自動化』で仕事がなくなっても『手作り』は人が作ってこそなので、令和の新しいビジネスになるかと思います。

今回、隅から隅まで回ってみて感じたことが『安いハンドメイド』がほとんどでした。

デパートやコンビニだったら値段で決めますが、大規模イベントの時は「せっかく来たんだし良い物を買おう」と考えてしまいます。

売れ行きを見ていたところ人気店なら安い物でも売れますが、売れていないお店が多いように見えました。

 
でも宇宙を閉じ込めたようなガラス玉が15,000円~25,000円と高額で売っていましたが、目の前で女性が購入していました。

今回は諦めましたが、次回は絶対に買います。

気になる方はお店のホームページをご覧ください。


そこで気づいたのは、安ければ売れるわけではなく、デパートで見かけないオリジナルの高級アクセサリーであればクリエイターズマーケットで名物になるのではないか、と。

クリエイターズマーケットは、各地に拡大をし始めているので、来年か再来年に、僕も『売る側』で参加したいと考えています。

令和の売場

クリエイターズマーケットに出店していた方は、店舗を持たず通販で売っている方が多いです。

売場を借りて展示&販売するとこのようなメリット&デメリットがあります。

  • メリット
    ・お客さんに商品を直接手にとって、見てもらえる
    ・1対1で、お客さんに合わせた商品紹介ができる
    ・お店のファンができる
  • デメリット
    ・売れても売れなくても、毎月決まった家賃を支払う
    ・お客さんの来ない時間も、人件費&光熱費などの経費が発生する
    ・盗まれるリスクがある

店舗があることによってメリットもありますが、デメリットもあります。

都市なら毎日たくさんの人が店舗の前を通ってくれるので、デメリットよりメリットの効果があるでしょう。

だけど人口が少ない地方の店舗だと厳しいです。

例えばデパートに店舗があるなら『デパートに来る人⇒店舗の前を通る人⇒店舗に来る人⇒購入する人』の流れで商品が売れるので、デパートの集客率が低ければ購入する人が減ります。

土地代が安くても集客が少なければ、売上を伸ばすことは難しいです。

売るために単価を下げても利益率は下がるので、購入数を増やさないといけません。

結果『お店に来る人を増やす』という課題を解決しないといけなくなります。

解決策としては都市直通の駅ができたり、人口が増加させることですが、なかなか難しいです。

だけど通販なら常にスタッフがいなくても良いので、経費を抑えることができます。

また日本だけでなく、世界中の人をお客さんにすることができます。


今後は店舗を持たず『人が集まる場所=プロモーション』『通販=売場』のお店が増えてくるのではないかと予想しています。

マーケットイベントを増やすべき

少子高齢化で東京以外は年々人口が減少し、集客率も下がると考えています。

集客率が下がると、家賃&人件費&光熱費に見合う利益を出すことが辛くなります。

そして各店舗が維持できなくなって、お店が無いところに人が住まなくなり、その市町村の価値も下がります。

食べ物以外の経費削減を考えると、通販が一番コスト削減になると思います。

通販の弱点は、『評価が怪しい』『写真ではわかりづらい』『メーカーじゃないと信用できない』などの問題があります。

なのでクリエイターズマーケットのように、たくさんのお客さんが集まるイベントを作れれば、少ない費用で大きなプロモーションになり、ファンを増やすこともできます。

お店のファンになれば、通販でも安心して購入してくれます。

ファンを増やしてブームにできれば、『ブランド』化してお店を『世界』にアピールすることもできます。

おわりに

平成は『Amazon』『楽天』といった通販サイトがたくさん立ち上がりましたが、いまだにお店で購入する人も多いと思います。

令和は人口減少や増税により、店舗を構える難易度が高くなるので、食べ物以外は『通販×イベント集客』が主流になると予想します。

ゲームもeスポーツの活性化でが必要になるため、今後はレンタルイベント会場の需要が上がるのではないでしょうか。

アイキャッチ画像: クリエイターズマーケット公式パンフレット

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント