クリエイティブ教育能力

マーケティング力(りょく)

【提供】Gerd AltmannによるPixabay クリエイティブ教育
【提供】Gerd AltmannによるPixabay

起業/副業しようと考えても、一歩踏み出せない方は多いと思います。
どう売ればいいかわからないし、売れないかもしれない。

現在のコロナショックの影響でリストラや倒産が増えると思いますが、AIが発達するとオートメーション化によって、さらにリストラ&倒産が増加するでしょう。

マーケティングとは?

マーケティングとは何か?

・分析(リサーチ)
・商品企画
・製造
・宣伝(プロモーション)
・販売戦略

市場のニーズを分析し、商品企画から販売、プロモーションまでの一連の流れです。

中小企業の営業職だと、全工程のスケジュールを常時把握しなければいけないことがあるのでマーケティングスキルが鍛えられます。

マーケティングスキルが高ければ、起業/副業でもかなり有利になります。

マーケティングスキルが高ければ、どこでも働ける

「リストラされたらどうしよう…」と将来に悩んでいる方は多いと思います。

専門的な技術職の方だと現職の会社以外では需要が無く、転職が上手くいかない人もいるでしょう。

しかしマーケティングスキルはどの業界でも需要が高く、AI社会になっても無くならない仕事です。

AIではマーケティングはできない?

AIは膨大なデータを集計したり、その集計データから予測することは得意ですが、人間の感情を動かすことはできません

機械的に同じメールが届いても、あまり心は動きませんよね?

人間の気持ちを考えて熱意を込めて商品企画したり、プロモーションなどができるのは人間だけです。

起業/副業で年収を上げるならマーケティングスキルは必要

商品を売るにもサービスを提供するにも、マーケティングスキルがないとどれだけ良いモノを作っても売ることができません

・自分が欲しいと思ってるモノを作ったけど売れない!
 ⇒ 需要が少ない

・売り方がわからない!
 ⇒ SNSやYouTubeの勉強が足らない

・顧客が全然増えない!
 ⇒ 客観的&俯瞰的な分析ができていない

起業でよく失敗するケースが「売れると思ったけど売れなかった」
これ凄く多いですね。

失敗する答えは客観的&俯瞰的な分析ができていないからです。

例えばパクチーが大好きで、パクチーだけの飲食店を起業したとします。

場所:田舎で、駅から徒歩30分

住人:高齢者がほとんど

広告:ティッシュ配り

この条件でパクチー料理屋さんが繁盛すると思いますか?

土地代/商品原価/人件費などで赤字が続き、お店を閉めることになるでしょう。

つまり自分がどれだけ「これは売れる!」と思っていても、土地や住人などの情報を把握し、お客さんの立場で考えないといけません。

駅から遠ければ、行きたくないでしょう。
高齢者だったらパクチーではなく、和食を食べたい人が多いでしょう。

このように自分よがりな考えでは高確率で失敗します。

『場所&住人に合った商品(サービス)&プロモーション』を適切に行うことが大切です。

マーケティングスキルの鍛え方

マーケティングスキルの鍛え方についてご紹介します。

急に「飛び込み営業をしろ」と言われても難しいと思うので、個人で鍛える方法です。

様々な成功者のビジネス本を読む

・パナソニックの創業者:松下幸之助
 『道をひらく』など

・京セラの創業者:稲盛和夫
 『成功への情熱』など

・Appleの創業者:スティーブ・ジョブズ
 『スティーブ・ジョブズⅠ』など

成功者に関する本を読むことで、どのようにして、どのように成功したかの生い立ちがわかります。

確実に成功する方法はなく、松下幸之助さんなら松下幸之助流の成功があり、稲森和夫さんなら稲盛和夫流の成功があります。

僕が成功した方々の本を読んで感じたことは、彼らは自分の個性を伸ばし、熱意を持って努力したから成功したのだと思いました。

稼げる人は好きなことに熱意を持って、たくさん失敗しています。

マーケティングできる知り合いを持つ

友達でも良いし、様々な交流会に参加して仲良くなるのも良いです。

営業やプロモーションを行う際は嘘や裏切りなど、人間関係で悩むことがたくさんあります。

そして人間には個性があるため、営業やプロモーションなどの仕事が合わない人もいます。

営業が合わない場合は、友達や知り合いに頼むのが一番効率良いです。

おわりに

僕も27歳の時に起業しようと考えましたが、営業やプロモーションに関わった経験がなかったので挫折しました。

その後は東京で4年間、

・営業(飛び込み、テレアポ)

・プロモーション

・スケジュール管理

・社員教育

・イベント対応

これらの様々な経験したことによって、マーケティングなどのスキルが身に付きました。

コロナショックの影響もですが、AI/5Gを利用する企業が増えると単純作業は給料がいらず、24時間働き続けるAIロボットが、人間の代わりに行えるようになります。

国内だけではなく外資系企業含め、AIロボットのレンタルサービスなどの新しいビジネスも増えるでしょう。

そして人間を雇わない企業新卒を取らない企業も出てくるでしょう。

終身雇用&年功序列が崩壊する社会では、レジなどの指示通りに単純作業しかできない人は働く場所がどんどん減ります。

これは妄想ではなくて経営者目線で考えれば、

・『給料(税金&年金含む)を払わずに24時間働くAIロボット』

・『給料(税金&年金含む)を払って労働基準法のある人間』

どちら取るか?と考えれば、誰でもわかるはずです。

時代に適した稼ぎ方ができるようにマーケティングスキルを鍛えたり、協業できる知り合いを増やしましょう。

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント