ハンドメイド

ものづくり3 カピバラさん

ものづくり2_04 ハンドメイド

前回の《ものづくり2 カピバラさん》では、ダイソーの樹脂粘土で作成しましたが、硬すぎて無理やり固めたような結果になりました。

ものづくり2 カピバラさん
※2019年7月5日に公開した記事ですが、リライト記事に必要なタイトルを修正し、2019年8月17日に再度公開しました ダイソーの樹脂粘土を使って、カピバラさんを作ってみたいと思います。粘土を触るのは、20年前の小学生の時に紙粘土で船を作っ

今回は、100円ショップ『Seria』で購入した【やわらかくてよく伸びるねんど】で、カピバラさんをリベンジします!

開封

ものづくり2_01
やわらかくてよく伸びるねんど

開封していませんが、見た目だけでしっとり感が伝わってきます。

袋を開けてみると、なんとジッパー袋付き!
粘土は空気に触れると硬くなるため、100円でこの気遣いは助かります。

ものづくり2_02
なんとチャック付き!

ジッパーを開けると、凄い粘着力で、粘土を出すのが大変でした。
前回の樹脂粘土は粘りがなさすぎて綺麗な玉を作ることができませんでしたが、今回逆に粘り過ぎです。

ものづくり2_03
商品名のとおり伸びます

商品名が【やわらかくてよく伸びるねんど】というとおり、トルコアイスの如く伸びます。

カピバラさん作り

粘土が手にベタつくので、こねる作業中は写真を取れませんでした。
今回は紙粘土と同じで、すぐに丸めることができました。

その後は、前回の樹脂粘土と同じ工程でカピバラさんの形状を作成し、目と鼻を付けました。

ものづくり2_04
パンみたいな感触!

耳を作るために切り込みを入れた時には粘土が少し硬くなってきており、触り心地は焼く前のモチモチのパン生地のようでした。

この時「実際のパンだったら話題になりそう!」と思いましたが、吉祥寺のパン屋『ベーカリーカフェCHARABREAD』で商品化されたこともあるそうです!

この粘土、パン生地のように時間が経つとフワフワになって、しわも目立たなくなります。

ものづくり2_05
出来立てほやほや

耳を整えた後は、3日間放置して乾燥するのを待つだけです。
目や鼻をくっ付けて手を放そうとしたら、周辺が手にまとわりついてきて、汚くなりました(;´・ω・)

また、水をつけて滑らかにしようとしましたが、完全に修正はできず残念。

着色

製作から3日経ち、カラーマーカーで着色しました。

ものづくり03_06_20190711
ものづくり03_06_20190711

焦げました(´;ω;`)
最初は綺麗な茶色だったんですが、凸凹しているところを塗りなおして二度塗りの状態になった部分だけ濃くなってしまいました。

全体の色も合わせようとして、二度塗りしたところ、焦げたパンみたいになりました。

カピバラというよりドブネズミですね。
次は明るい色でチャレンジしてします。

おわりに

なんとなく粘土の扱い方はわかってきました。
まだ形はうまく作れませんが、練習して経験値を上げていきます。

着色も今のカラーペンでは不安があるので、何か他に良い方法があるのか調べて、次回トライしてみます。

【キャラクター】カピバラさん
【コンテンツタイトル】カピバラさん
【版権元】BANDAI SPIRITS

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント

  1. […] […]

  2. […] ものづくり3 カピバラさん※2019年7月11日に公開した記事ですが、リライ… […]