クリエイティブ教育ハンドメイド

ものづくり6|カービィ

ものづくり6_021 クリエイティブ教育

 今回はダイソーの粘土で、性別問わずに子供から大人に人気のキャラクター『星のカービィ』の主人公、『カービィ』を作りたいと思います。

準備

ものづくり6_001
ふわっと軽いねんど

 今回は100円ショップ【ダイソー】で手に入れた『ふわっと軽いねんど(サーモンピンク)』を使います。カービィを題材にした理由はこの粘土の色で決めました。

ものづくり6_002
豊富なカラーバリエーション

サーモンピンク以外に、他にもたくさんの色が販売されています。

ものづくり6_003
フワッと

開封して触れたところ、触り心地としては柔らかめのバウムクーヘンのような感じです。ちょっと力を入れるだけでフワッと千切れます。

早速、カービィの胴体と作るために、まずは玉を作っていきます。

ものづくり6_004
パカッ!ボロボロボロボロ

ん?( ^ω^)・・・

よくコネましたがめちゃ割れます。さらに表面がボロボロしてきて、ボロボロが凄く落ちます。水を加えてみましたが改善せず。

どうやら、この粘土は僕には合わなかったようです。

さよなら(ゴミ箱へ)

改めて準備

 先ほどの粘土は出すとシュートして、またまたダイソーで手に入れた『もちっとのび~るねんど』で再チャレンジします。

ものづくり6_005
もちっとのび~るねんど
ものづくり6_006
カラーチャート

こちらも先ほどの粘土と同じく、カラーバリエーションが豊富です。ダイソーで取り扱っている粘土はカラーバリエーションが多いですね。

ものづくり6_007
真っ青!

なぜピンク色ではないかというと、以前にダイソーへ行った時に、いろんな粘土を買い溜めしました。その時に色は適当に選びました。今回はテーマが『カービィ』なので、粘土の色に合わせて『アイスカービィ』を作りたいと思います。

ものづくり6_008
モチっと

今回の粘土は、トルコアイスのようにモチっとしています。

製作開始

ものづくり6_009
粘土に絵具を投入

粘土をコネてみたところ、特に問題なさそうなので、こちらの粘土で『アイスカービィ』を作っていきます。

色が濃い青なので、粘土に白色の絵具を加えて水色に近づけます。

ものづくり6_010
薄くなった青玉

すみません、写真ではわかりづらいですが色は薄くなりました。

この色を胴体にするため、まずは玉を作ります。

玉って簡単に作れるように思いますが、まん丸の玉を作ろうとすると以外と時間がかかります。(ヒカキンさんもアルミホイルで玉を作る動画を上げていますが、形成に苦労してました)

ものづくり6_011
大きい玉と小さい玉

次に手を作るために、また小さい玉2つ作ります。

ものづくり6_012
胴体と手をドッキング

大きい玉に小さい玉を2つくっ付けて、腕の玉を好きな角度に調整します。

この粘土はかなりやわらかく、腕をくっ付ける時や角度を調整する時に胴体に触れた際に、指の形の窪みできてしまう事故が発生しました。

ものづくり6_013
胴体と足

今度は絵具を混ぜていない粘土で玉を2つ作り、少し縦長にします。これらは『足』になります。

木工用セメダイン&ペットボトルのキャップ&爪楊枝

胴体と足は設置面積が小さいため、木工用セメダインでくっ付けます。

写真のように、ペットボトルのキャップに必要な分だけセメダインを出しておき、爪楊枝で塗ると、使用後にどちらも簡単に廃棄できるので便利です。

足にセメダインを塗る

くっ付ける部分にびっしり塗ります。木工用セメダインは乾くと無色になるため、少しはみ出していても目立ちません。

好きな位置に足を付ける

胴体と足をドッキングするとこんな感じです。

カービィは足の場所でポージングに変化を付けられるのがポイントです。

ヒビやシワなど気になる部分があれば、水を付けて修正しましょう。

着色

目の着色

 カービィの着色は目と口だけなので、爪楊枝と絵具だけで十分です。

まずは黒色で目と口を描きます。

乾いたら仕上げに、目に白色と青色で輝きを与えます。

完成!

アイスカービィ完成

ほっぺの着色を忘れていたので、着色後の画像を差し替えました。

 着色が終わって乾けば完成です。

目を描いている時に「位置は合ってるかな?」と不安になりましたが、完成すると丁度良い位置だったと思います。


粘土は乾くとヒビ割れするため、良いモノが出来たらニスを上塗りしましょう。


【キャラクター】カービィ
【コンテンツタイトル】星のカービィ
【版権元】任天堂

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント