スポンサーリンク

Pythonの基礎 ~ 売値の計算 ~

【提供】kropekk_plによるPixabay Python
【提供】kropekk_plによるPixabay

 2019年10月に消費税が8%から10%(飲食料品と新聞は8%)に上がりました。

 消費税が変化すると、レジやクレジットカード、電子マネーなどのプログラムを修正しなければなりません。

 それでは、Pythonで売値の計算をしてみましょう。

スポンサーリンク

売値の計算(消費税8%)

 以下のプログラムを書きましょう。

売値の計算プログラム 消費税8%

『tanka』商品の単価

『zei』消費税

『urine』商品の単価に、消費税を掛け算

『print(urine),’円’』売値の数字の後に【円】を加えて出力


 コマンドプロンプトに『python 《パス》』を入力して、結果が以下となるか確認してみましょう。

結果1

『1080.0 円』と表示されれば正解です。

小数点の切り捨て

 レシートを出すことを考えると、先ほどの『1080.0 円』では小数点以下を消したいと感じます。

 それでは、print関数の中を『urine』を『round(urine)』に書き直しましょう。

小数点の切り捨て

 以下のように、小数点を切り捨てた『1080 円』と表示されたでしょうか?

結果2

【問題】消費税10%にしてみよう!

 消費税8%の売値を出力するプログラムの作り方はわかりました。

 それでは、消費税10%ではどのようなプログラムになるか考えてみましょう!


・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以下の結果になったでしょうか?

 『zei』の値を 1.10 に変更するだけでした。

まとめ

 売値のプログラムについて理解できたでしょうか?

 変数を使えば、誰でも修正箇所が一目でわかります。

 簡単なプログラムでも引き継ぎが楽になるように、変数名はわかりやすい名称にしておきましょう!

アイキャッチ画像:kropekk_plによるPixabayからの画像

コメント