オススメの本

Amazon 世界最先端の戦略がわかる(著:成毛眞)|読書感想

amazon_世界最先端の戦略がわかる オススメの本
amazon_世界最先端の戦略がわかる

今回ご紹介するのは、元マイクロソフト日本法人二代目社長の成毛眞さんが書かれた、Amazonの歴史&今後の戦略が予想できる本です。

created by Rinker
¥3,000 (2022/06/28 19:55:23時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonはネットが普及して約20年間で、世界中の人達の私生活に必要なサービスになりました。

年間約5,000円支払うだけで送料無料になったり、映画&アニメが観放題、音楽が聴き放題になるなど、さまざまなサービスを受けられます。

そのAmazonがどのように成長し、今後どうなっていくかについてお話します。

赤字覚悟で投資

未来を予測して多額の設備投資をしていた

5年~10年後の未来を予測して、設備や研究に投資している

Amazonは『倉庫』『物流網』『自動化』『ソフトウェア開発』『サーバー開発』など、たくさんの投資をしています。

1994年に設立しましたが、売上を超える投資をしていたので、当時はAmazonが世界規模の企業になると予想できた人はほとんどいませんでした。

日本で月額使い放題のADSLが普及したのは、2,000年です。

つまり設立者のジェフ・ベゾスは、ネットが普及する5年以上前から「未来はネット社会になる」と予測して、売上以上の投資をしていました。

パソコンを売る時代から、クラウドを売る時代に変化させた

クラウドサービスを最初に始めた

パソコンやスマホのデータを保管するサービスを一番最初に始めた

今では『iCloud』『Googleドライブ』『Dropbox』など、さまざまなクラウドサービス(データをサーバーで保管するサービス)があります。

このクラウド産業に一番最初に動いたのはAmazonのAWSで、他大手企業も見習ってクラウドサービスを取り入れました。

GAFAMで成長スピードが一番早い

成長の早さ

設備や新しいサービスに、たくさん投資している

AmazonはGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の中で、成長スピードが一番早い企業です。

最初はネットで本を売っていました。

その後は、本以外の商品を取り扱い、今ではサブスクリプション(年額&月額)や、クラウドサーバー(AWS)の提供などで売上を伸ばしています。

2017年には、高級食品を取り扱うスーパー『ホールフーズ』を買収し、今はAIによる完全無人コンビニ『Amazon Go』を運営しています。

Amazon Goはまだ日本にありませんが、近い将来に日本にやってくるでしょう。

Amazonが成功する理由

Amazonの強み

・世界中の商品が揃っている
・安い

Amazonの最大の特徴が品揃え&安さです。

最初は書籍の通販からスタートしましたが、その後にDVDやゲームや日用品など、商品の幅を増やしてきました。

今では年間約5,000円のAmazonPrimeを利用すれば、映画やアニメやデジタル書籍が見放題で、休日はAmazonPrimeだけで楽しく過ごすことができます。

多くの人達が安くて満足できるサービスを提供し続けていることが、成長し続けている理由でしょう。

Amazonと楽天の違い

Amazonと楽天の違い

・Amazonは支払いを一括管理しているので、消費者の購買情報をデータ分析できる
・楽天は支払いを各々の出品業者が管理しているので。購買情報をデータ分析できない

通販だと、Amazonまたは楽天を利用する人が多いでしょう。

購入する時は気にしませんが、支払いの管理が異なります。

Amazonの場合は、購入者がAmazonにお金を支払った後、Amazonから販売元に支払われます。

楽天の場合は、購入者が販売元に直接支払います。

わかりやすく例えると、Amazonは商品を並べて販売するスーパー(レジで支払っている)で、楽天は売場を貸しているデパートです。

そのため、Amazonは何が売れているかがリアルタイムでわかるので、売れる商品を安く大量に仕入れて販売したり、売れない商品の仕入れを減らして在庫管理できます。

おわりに

僕が他にオススメする本は厳選|すぎの塾長のオススメ本にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント