オススメの本

齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方(著:齋藤孝)|読書感想

齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方 オススメの本
齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方

今回は齋藤孝さんの本《齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方》についてご紹介します。

孫子とは紀元前722~473年に、呉の王・闔閭(こうりょ)に仕えた『孫武』が書き残した兵法書のことです。

僕は孫子が人の名前だと思っていましたが、この本を読んで初めて書物のことだと知りました。

2000年以上前の戦術書ですが、孫子は今の時代でも愛読している人が多いです。

Microsoft創業者のビル・ゲイツ、ソフトバンク創業者の孫正義さん、野球の監督で研究熱心だった野村克也さんなど、多くの成功者が孫子を読んでいます。

テクノロジーは変化しても、社長や役職などのリーダーに必要な考え方は、2000年経っても変わらないということです。

孫子の兵法の原本は言葉が古いため、めちゃくちゃ賢い人じゃないと理解できません。

だけどこの本は現代の言葉に翻訳してあって、さらに漫画とイラストもたくさんあり、読書が苦手な人でも読みやすくなっています。

①将とは、智、信、仁、勇、厳なり。

リーダー(経営者や上司)に必要なスキル

リーダーは『正確な分析力&予測力』『部下からの信頼』『部下への思いやり』『失敗を恐れない勇敢さ』『自分への厳しさ』が必要

ミスがあると部下の責任にしたり、他人のミスには怒るのに自分のミスは「しょうがないよね~」と甘い人は、ダメなリーダーということです。

給料を増やすためにはリーダースキルが必ず必要になるので、『智、信、仁、勇、厳』を常に意識しましょう。

②謹み養いて労することなく、気をあわせ力を積み、兵を運らして計謀し、測る可からざるを為し、之れを往く所母きに投ずれば、死すとも且た北げず。

やってみればなんとかなる

「こんなの無理」という仕事でも、追い込まれると意外とできてしまう

やりきれる部下を育てるためには、『誰に役立っているのか?』『どれだけ価値があるのか?』を教えてあげることが大切です。

僕も工場の調達部で「明日用意しろ!」という無理な指示に毎日苦しんだり、派遣の営業で派遣する社員がいないのに「売上取ってこい!」と言われたり、無理だろ…と思う状況を何年も経験しました。

そういう困難な状況から逃げずに協力会社にお願いしたり、年上の設計担当にスケジュール管理の教育をしたり、人事に派遣できる社員を増やしてほしいと伝えたり、できる限りのことをやってきました。

すると、何とかできてしまうことがたくさんありました。

仕事で大切なのは、素早く関係者に報連相することです。

やってみてダメだと思ったら、すぐに上司&お客さんに伝えましょう。

③我れ寡くして敵は衆きも、能く寡を以て衆を撃つ者は、則ち吾が与に戦う所の者約なればなり。

一点集中する

新しいことをする時は、一点集中して成長させよう

営業で例えると「たくさんの人がいる場所で不特定多数の人と名刺交換するよりも、キーマンを絞ってアポイントした方が成功率が高いよ」という意味です。

これは営業だけじゃなくて、商品開発や経営、マネジメントでもとても大切な戦略です。

海外の有名コンサルタントのリチャードさんの本《良い戦略、悪い戦略》にも、一点集中した方が良いと書かれています。

今成長し続けているホワイト企業は、この戦略で経費削減や利益率を大きく改善しています。

例えばマクドナルド。

マクドナルドのメニューはたくさんありますが、味付けやトッピングが異なるだけで、基本であるパンとパティはほとんど同じです。

ハンバーガーの需要が低くても、同じ材料を使っているビッグマックの需要が高ければ、在庫が余って損することはありません。

そして赤字にならないように、価格を少しずつ上げています。

これが、マクドナルドが成功し続ける理由です。

僕も起業してから、「教育はオンライン」と決めて一点集中でやっています。

それは営業をしていたとき、会社の社長に「決裁権のない人と話しても時間の無駄だ!」と怒られて学んだからです。

怒られた後、決裁権のある社長&役員と出会える場所を探すことに集中して成果が出ました。

あれやこれやと手を広げすぎると管理できなくなって、経費(出費)が増え、貯金がすり減っていきます。

なので、一点集中する戦略を必ず覚えておきましょう。

④兵は詐を以て立ち、利を以て動き、分合を以て変を為す者なり。

柔軟に考えて働こう

臨機応変に、スピード重視で行動しよう

こちらの本には「日本では多くの社員を会議室に集めて、何時間も会議して意見がまとまらないことは多い」と書いてあります。

つまり、人件費と時間を無駄にしているリーダーが多いってことです。

一方アメリカでは、合理性や効率を重視する働き方なので、少ない人数で10分以内で会議を終わらす会社が多いです。

会社というのは、社長含めた社員全員が協力して、会社の価値を高めていく組織です。

社長だけでは、商品/サービスを生み出すことができません。

会社を成長させるためには、社員という大切な仲間(社員)が必要になります。

だけど、昔の自慢話で部下の作業時間を奪ったり、パワハラ(差別やいじめ)で退職させて、人手不足になる会社が多いです。

会社が成長するためには、リーダーは時代に合った働き方を柔軟に考え、社員の健康や気持ちを考えて、環境や仕組みを作り続けないといけません。

⑤兵には、走る者有り、弛む者有り、陥る者有り、崩るる者有り、乱るる者有り、北ぐる者有り。凡そ此の六者は、天の災いには非ずして、将の過ちなり。

リーダーには責任感が大切

部下の失敗&やる気の低下は、全て社長や上司の責任

例えば「今年はこの業界は不況だったから、売上が下がってもしょうがないよね」と言っている社長や上司が多い会社は、給料やボーナスが少ないはずです。

不況のときは、自社の強みをよく考えて、時代に合った商品/サービスを作らないといけません。

僕は起業した直後、イベント会社さんと50人以上の子供向けイベントを行う予定でしたが、あのウイルスの影響で全てなくなりました。

もし「今年は運が悪かったよね。来年は頑張ろう。」と言っていたら、今頃は貯金が無くなって泣きながらフリーターをしていたでしょう。

じゃあどうしたかというと、仕事の方針を全てオンラインに切り替えて、ブログ&YouTube&SNSでのプロモーションに集中しました。

これがピンチをチャンスに変える思考です。

昔は、馬車やタイプライターなどの仕事がありましたが、自動車やパソコンが生まれたことによって、馬車やタイプライターの技術の需要は無くなりました。

今後、世界中で5G(ミリ波)が広がって誰でもAIを使えるようになると、『仕事&人生』の価値観に大きな変化が起こるでしょう。

改善意識のないリーダーが多い会社に勤めているなら、すぐに転職活動することをオススメします。

どれだけブラック企業で頑張っても、リーダーが悪いと売上は伸びず、給料も増えません。

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

おわりに

今回は《齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方》 についてご紹介しました。

他にもリーダー教育に必要なことがたくさん書かれているので、ビル・ゲイツや孫正義さんのように成功したい方は、孫子の兵法を学ぶことをオススメします。

僕が他にオススメする本は厳選|すぎの塾長のオススメ本にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント