ビジネス教育ブランディング

サービス残業をやめて勉強をする

サビ残よりスキルアップ ビジネス教育
サビ残よりスキルアップ

会社から「これは勉強だ!」と言われてサービス残業をしていませんか?

 『サビ残』『勉強』は違います。

しなくていいサービス残業

業務外に、無給で、上司から指示されたこと

しないといけない勉強

業務外に、無給で、スキルアップすること

働き方改革でサービス残業が増える?

今後は働き方改革で、経営者から工数削減を求められる企業が増えるでしょう。

だけど悪い上司は経営者に「業務改善しました」と報告したいので『サビ残』を強要させられる人がいます。

スマホで録画や録音されやすい世の中で経営層に報告されたり、SNSでアップされるリスクを背負って 「サビ残しろ!」と指示する人はいません(いたらかなりヤバい)。

なのでサビ残の指示ではなく「勉強のため」と濁して指示します。

上司からの指示は『勉強』ではなくて、給料の発生する『仕事』です。

上司から指示されたことは仕事です。

そしてサビ残は違法労働なので騙されないようにしましょう。

サビ残を強いる理由は、リーダーが「会社に認められたい」「社員より自分の評価重視」と考えているからです。

サービス残業をする人は給料以上の労働で病気になるリスクが上がり、サービス残業のメリットはほとんどありません。

その業界が大好きで一生働きたいならば、別の会社に転職するのが良いでしょう。

仕事の勉強とは?

大人の勉強

営業:売上の伸ばすために自社商品&他社商品の研究
広報:世の中のどういう層が何を見ているのかの調査
企画:どうすればファンが増えるかの分析

給料を上げたい人は会社&社会のルール/仕事手順/競合他社/ユーザー分析/業務改善などの勉強が必要です。

今までは勉強しなくても働けた環境が多かったですが、これからはAIロボットなどの自動化が進み、人件費をカットする会社が増えるでしょう。

実際に大手企業で40代以上の早期退職に関するニュースが多いです。

リストラが怖い人は、今から時代に合ったスキル(動画編集やプログラミングなど)を勉強しましょう。

好きなことを勉強すれば良い

今からやるべき勉強

好きなことをとことんやる

「勉強」と聞くと頭が痛くなる人も多いと思います。

でも「好きなことについてもっと知りましょう」だとどうでしょうか?

例えばゲームで遊ぶことが好きだとします。

対戦ゲームで負けたら相性を調べたり、技のコンボの練習をしますよね?

好きなことは続ければ仕事になります。

ゲームだったらeスポーツ選手になれるかもしれません。

また好きなメーカーから公式プロゲーマーとして声がかかるかもしれません。

YouTubeで配信したら、広告費だけで今より年収が何倍にも増えるかもしれません。

さらにテレビ局から声がかかり、好きな芸能人と話せるかもしれません。

嫌いなことを勉強するのは、みんな嫌いです。

だけど好きなことを学び続けて『好きなことのプロフェッショナル』になれば、好きなことで生活できます。

サビ残を強要されたら?

サービス残業から抜け出す方法

転職や副業する

サビ残で辛い人は転職や副業のために『好きなことの勉強』をしましょう。

何か1つでも人に自慢できるものがあれば、リストラされる恐怖がなくなります。

僕もサラリーマンの時に「クビにされたくない」「仲間外れにされたくない」と思っていて、サビ残を頑張っていました。

そして頑張りすぎてうつ状態になり、自殺する一歩手前にまでなりました。

精神的な病気になってしまうと、転職活動が困難になります。

無理して働いている方は一度退職して休憩し、転職エージェントや転職/副業の経験者に相談することをオススメします。

おわりに

時代の変化についていけないサビ残をする会社は、AIロボットで業務改善する他社と差が大きくなって、できる人がどんどん転職したり売上が下がるでしょう。

サビ残で喜ぶのはブラック企業の経営者や上司で、苦しいのは自分です。

サビ残を認めている社長の会社で頑張っても、低賃金&サービス残業の地獄から抜け出せません。

好きなことをスキルアップして楽しい人生にチェンジしましょう!

スポンサーリンク
すぎの塾

コメント