ビジネス教育ブランディング

YouTubeのトーク力の鍛え方

YouTubeに必要なトーク力の鍛え方 ビジネス教育
YouTubeに必要なトーク力の鍛え方

1年前にYouTubeを始めた頃、3年以上営業で話せたんだから「YouTubeで話せるやろ」と思って撮影してみたら、噛みまくりで大変でした。

そんな噛みまくりの僕が、今もYouTubeで続けているトーク力の鍛え方についてご紹介します。

トーク力を鍛えるためには【やり抜く力】を鍛えること

YouTubeのトーク力を身につける方法

やり抜く力(継続力)を鍛える

トーク力を身につけるためには、やり抜く力(継続力)を鍛えるだけです。

やり抜く力を鍛えたい方は『やり抜く人の9つの習慣』(著:ハイディ・グラント・ハルバーソン)という本がオススメです。

必要な情報が圧縮されていて、100ページ弱なので読書が苦手な方でもすぐに読めます。

やり抜く人の9つの習慣(著:ハイディ・グラント・ハルバーソン)|読書感想
今回はコロンビア大学の社会心理学者であるハイディ・グラント・ハルバーソンさんが書かれた本『やり抜く人の9つの習慣』のご紹介です。やり抜く力とは「お金持ちになりたい!」とか「人気ユーチューバーになりたい!」といった夢を叶えるために必ず必要な力

相手の立場を考えて自然と話すためには、1ヶ月や2ヶ月で簡単に成果が出ません。

毎日コツコツ頑張ることによって、少しずつ成長します。

僕がYouTubeで話すときに心がけていることについてはこちらをご覧ください。

飽き性の人には辛いかもしれませんが、2~3分程度の短い動画で良いので必ず毎週1回はYouTubeで配信することが大切です。

YouTubeのクリエイターアカデミーでも「最低2週間に1回は動画を公開しましょう」と言っているので、粘り強く定期的に配信しましょう。

営業経験があっても一人しゃべりは辛い

YouTubeで必要な『一人しゃべり』

一人しゃべりは練習あるのみ

トーク力は営業職で鍛えることもできます。

営業は人によって話し方を変えたり、会話のキャッチボールをしなければいけません。

また初めて会う人に好かれるトーク力も必要です。

営業でもYouTubeでも、コミュニケーションで一番大切なのは子供から大人まで、幅広い年齢層にわかりやすく伝えることです。

営業経験3年以上の僕もYouTubeを1年以上続けていますが、いまだに噛んだり言い直しまくってます。

YouTubeを始めると、誰でも一人しゃべりで苦戦します。

でも続けるうちに少しずつトーク力や動画の編集スキルが上がり、再生数も増えています。

トーク力は自転車や自動車と同じです。

最初はうまく話せずに辛いですが、毎日続けていくうちに慣れます。

そのためにやり抜く力を鍛えることが大切です。

有名ユーチューバーも最初はトーク力がなかった

最近のYouTubeはしゃべり慣れしている芸人さんが増えましたが、5年以上続けている人気ユーチューバーも最初の頃は変な話し方でした。

例えばチャンネル登録者が400万人を超えている、口達者なヒカルさんはゲーム実況からスタートしました。

一番最初の動画を観てください。

誰でも「え!?これ本当にヒカルさん!?」となるはずです。

ボソボソ話してて聞き取れないんですけど…のレベルです。

最初の頃は1日10本以上撮影していた時もあったそうで、毎日撮影を繰り返すことによって少しずつトークが上手くなっていくのがわかります。

ヒカキンさんも同じで、変な間があったり元気な感じがしなかったり、どこにでもいる普通の人でした。

誰でも1年以上かかる

今でこそ有名なユーチューバーも、「話が聞き取りやすいなー」と1年~2年かかっています。

僕はYouTube以外にも仕事があるので毎日撮影していませんが、1年前と今では全然違います。

一番最初の動画を観ると、めちゃくちゃ恥ずかしいぐらいカタコトです(笑)

でも今ではテンポよく、抑揚を入れて営業時代のように話すことができています。

トークでも楽器でもなんでも同じですが、上手くなるためにはやり続けるしかないです。

おわりに

YouTubeで必要な『一人しゃべり』

トーク力は必ず稼ぐ力になる

僕は営業職をする前は、人と話すのが怖い超コミュ障でした。

だけど、飛び込み営業&テレアポで怒られたり無視されることを何百回も経験して、自然と相手の気持ちを考えて話せるようになりました。

YouTubeはパソコンやスマホに話すので、声のトーンやタイミングが掴めず、人と話しているときよりかなり噛みます。

勉強でもスポーツでも何でも同じですが、継続して慣れていくことが一番の近道です。

その時間と経験は絶対無駄にはならないし、自分のスキルになります。

努力することは辛いですが、必ず収入が増えるスキルになるので頑張りましょう!