ビジネス教育ブランディング

お金持ちになりたいなら真似すること

お金持ちになりたいなら真似すること(画像:Rudy and Peter SkitteriansによるPixabay) ビジネス教育
お金持ちになりたいなら真似すること(画像:Rudy and Peter SkitteriansによるPixabay)

多くの人が「金持ちになりたい!」と思っています。

僕も「お金があったら学校や仕事で苦しんでいる多くの人を助けられるのに…」とお金が欲しいです。

そこで僕がサラリーマン時代に、1憶円以上売り上げられるようになった考え方ついてご紹介します。

お金持ちになる方法

お金持ちになる方法

有名なお金持ちを真似する

お金持ちになる近道は、お金持ちを真似することです。

お金持ちの人を知るには、自己啓発本やYouTubeがあります。

YouTubeなら無料で、ホリエモンやマコなり社長などが考え方を配信しています。

日本にもたくさん稼いでいる人がいますが、サラリーマンなら会社によって年収の上限があります。

なのでサラリーマンで稼いでいる人の真似をしても、将来は上限で悩むことになります。

あと古い会社の社長さんの真似をするのもオススメしません。

ネットの無い時代には大袈裟に商品を伝えれば売れましたが、今はSNSやYouTubeで本当に良い商品かどうかすぐにわかります。

また購入者も、購入するかどうかをYouTubeで選んでいます。

真似しやすいお金持ち

ユーチューバー

どういう人を真似したらいいか?というと、今だとユーチューバーをオススメします。

なぜならスマホ1台あれば無料で始められるからです。

最初はトーク/企画/編集などで悩むことがありますが、100本目ぐらいで慣れてきます。

YouTubeを挫折する人が9割いると言われていますが、みんな100本目まで継続できないからです。

これは勉強やダイエットも同じで、継続力が弱いと何も成功しません。

継続力を鍛える方法についてはこちらをご覧ください。

やり抜く人の9つの習慣(著:ハイディ・グラント・ハルバーソン)|読書感想
今回はコロンビア大学の社会心理学者であるハイディ・グラント・ハルバーソンさんが書かれた本『やり抜く人の9つの習慣』のご...

会社の社長を真似しようとしても、土地代やら人件費やらで何百万もかかり、失敗したら大損失のハイリスク&ハイリターンです。

なので0円から始められるユーチューバーがオススメです。

お金持ちは発達障害が多い

お金持ちの特徴

お金持ちは発達障害が多い

発達障害と聞くと、ADHDやアスペルガー症候群など良いイメージを持たない方が多いでしょう。

でも世の中で有名な人は、ほとんど普通の考えの人ではありません

成功者

藤井聡太さん:若手将棋棋士。モノを置き忘れることが多い。
ヒカキンさん:ユーチューバー。毎日動画撮影&編集している。
スティーブ・ジョブズ:iPhone&Macの生みの親。嫌いな科目を受けたくなくて大学を中退。
エジソン:電気&電話を作った発明家。小学生の先生が嫌で登校拒否。
米津玄師さん:アーティスト。コミュニケーションが苦手な高機能自閉症と発表。
イチローさん:元メジャーリーガー。毎日素振り200回以上&カレーを食べていた。

ヒカキンさんなどのユーチューバーの動画を見て「俺もユーチューバーで大金持ちになる!」と考える人がいますが、毎日撮影&編集は好きなことじゃないとできません。

芸人のヒロシさんも、好きなキャンプをYouTubeで配信し続けたら、いつのまにか人気になったのも同じです。

ADHD&アスペルガー症候群&LDは好きなことに何時間も没頭できる能力『ハイパーフォーカス』があります。

その代わりに協調性が弱く、集団で働くことが苦手です。

お金持ちは好きなことを仕事にしている

お金持ちの特徴

お金持ちは好きなことを仕事にする

僕は子供の頃、勉強に集中できず、ずっと何かを妄想するLDの症状がありました。

当時は障害とは扱われず、ADHDやアスペルガー症候群といった言葉も聞いたことがなかったです。

社会人になると人の指示に従うのが嫌で、何度もストレスで病気になったので、好きなことを仕事にできる個人事業主になりました。

現代は発達障害と診断される人が増えています。

僕は発達障害と診断された子供にパソコンや思考力の教育をしていますが、特徴はほぼ一緒です。

嫌いなことには集中できないけど、好きなことにはもの凄く集中します。

この性格は僕と同じで、集団生活に向かない性格です。

だけど経営者(社長)/個人事業主(ユーチューバーなど)に向いている性格です。

ヒカキンさんやイチローさんなどは、毎日好きなことに没頭してお金持ちになりました。

つまり彼らの真似をして、毎日好きなことをやり続ければ、お金持ちになる確率を上げられます。

良いお金持ちと悪いお金持ち

良いお金持ち

自分に嘘をつかない
好きなことを毎日続ける

世の中には「良いお金持ち」と「悪いお金持ち」がいます。

良いお金持ちはヒカキンさんやイチローさんなど、誰でも知っている有名人です。

彼らは自分に嘘をつかず、好きなことを毎日やり続けた結果、有名になりました。

だけど悪いお金持ちは、人を騙してお金を集めます。

例えば高額なオンラインサロンやセミナーです。

最近ニュースになっていますが、儲かる話に騙されて何十万も失う人が増えています。

悪いお金持ちは、儲け話に釣られる人を狙います。

本当にお金持ちになりたいなら、努力&改善しかありません。

悪いお金持ちに騙されないように気をつけましょう。

お金持ちは対戦ゲームが好き

お金持ちの特徴

お金持ちは対戦ゲームが好き

今も成長し続けている会社の社長は、対戦ゲームが好きです。

ジャンルとしてはサバゲー/カードゲーム/ボードゲームといった心理戦が必要なゲームです。

お金持ちが心理戦を好む理由は、仕事はお客さんとの心理戦だからです。

「今の時代の子供/若者/高齢者/男性/女性/既婚者/未婚者が何を求めているか?」を分析できないと、どれだけ良い商品でも売れません。

例えばレンタルビデオの店舗事業は、今はネットで映画やアニメが観る人が増えているので需要は減り続けると予想します。

このようにお金持ちは仕事を対戦ゲームと同じように楽しんでいるので、常にチャレンジ&改善し続けています。

僕はサラリーマン時代に「なんでこんな凄い人がサバゲーにいるんだろう?」と謎でしたが、起業してから気づきました。

「仕事は対戦ゲームなんだ」と。

対戦ゲームが好きな人は、お金持ちになれます。

おわりに

今回は「お金持ちになりたいなら、お金持ちの真似をしよう」ってお話をしました。

そっくりそのまま真似するんじゃなくて、考え方を真似しましょう

例えばヒカキンさんだったら、メインチャンネルでは大人に向けて丁寧に話すけど、ゲームチャンネルだと子供みたいな口調で話すとか。

ヒカキンさんは「これは戦略です」とは言いませんが、ビジネス目線で見ると戦略です(笑)

大人の視聴者向けor子供の視聴者向けでチャンネルを分けて、口調や雰囲気を変えています。

また玩具会社のバンダイさんも、大人向けに1万円を超えるプラモデル、子供向けに数千円のプラモデルを販売する戦略になっています。

自分が好きなことを、狙いたい層に提供し続ける人がお金持ちになれます。

コメント