コーチングビジネス教育

知り合いが多いほど転職や起業がしやすい

知り合いが多いと転職や起業に有利 コーチング
知り合いが多いと転職や起業に有利

転職や起業をしたいけど、今の職場を離れることが怖い人はいませんか?

しかし知り合いを増やすことによって、転職や起業に対して有利になる確率が上がります。

それでは「なぜ確率が上がるのか?」「どのようにすれば知り合いが増えるか?」についてお話します。

なぜ知り合いを増やすと転職/起業に有利なのか?

例えば2人が「来月に返すから10万円貸してほしい」と相談してきたとします。

お金を借りに来た人 – 2人

① 長い付き合いでいろいろな相談にのってくれた友達
② さっき出会ったばかりの良い感じの人

①の人には恩があるため貸してあげるでしょう。

でも②の人には、おそらく貸す人はほとんどいないでしょう。

転職の面接や起業直後の営業も同じで、どんなに良い人であっても信用を得ることは大変なことです。

だけど転職で困っていることを友達に相談して、「うちで働かない?」と紹介された面接ならどうでしょう?

人事担当も既に働いている社員の紹介なら、全く知らない人より信用できると思いませんか。

紹介した人も変な人を紹介すると職場に居づらくなるので、変な知り合いを紹介はしません。

なので会社は安心して採用できます。

知り合いが多いほど、何か困った時に助けてくれる人が多いです。

助けてもらうだけでなく、助けてあげていれば困った時に助けてくれます。

助けてもらうことばかり考えてる自己中でいると、良い人はどんどん離れていきます。

知り合いの増やし方

「コミュ障で知り合いが少なくて、増やし方がわからない」という方に、私が行ってきた知り合いの増やし方を教えます。

知り合いを増やす行動

●趣味のイベントに参加して、人間観察をする
●異業種交流会で、趣味が合う知り合いを増やす
●外で知らない人とすれ違ったら挨拶をする

知り合いを増やす話し方

●恥ずかしがらずに元気に話す
●相手の話をよく聞く
●嘘をつかない

知らない人と会うこと自体が億劫な人もいるでしょう。

最初は友達や身内に一緒に行ってもらうことがオススメです。

あと知らない人とすれ違ったら挨拶をしましょう。

挨拶をされて怒る人はいません。

よく自慢話を長々とする人がよくいます。

正直面白くないし、また会いたいとは思いません。

まずは相手に興味を持ち、相手が楽しく話せるように努めましょう。

そして一番大切なことは、嘘をつかないこと。

知らないことがあれば、「それってどういうことですか?」と聞きましょう。

知ったかぶりする人は信用を失い、どんどん賢い人が離れていきます。

成功するには『信頼』が一番大切

成功するために必要なこと

嘘をつかない

僕が月の売上を1億円以上にできたのは、嘘をつかずに正しい情報を提供した『信頼』があったからです。

売れる商品は売れる、売れない商品は売れないと正直に伝える営業をしていました。

これは会社に雇われる営業マンとしては失格です。

でも上司にどれだけ怒られても、お客さんに嘘をつくのは嫌でした。

嘘をついて売上を伸ばしても、信頼してくれた人が損をして不幸になるから。

僕は守銭奴の人間が大嫌いです。

それは他人が傷ついても、自分さえ良ければいいという自己中な人だからです。

僕が道徳教育に力を入れているのは、嘘をつかない信頼によって、商品/サービスの価値に合ったお金を払ったり貰ったりして、お互いが幸せになる社会にしたいからです。

道徳をしっかり身につければ、絶対に仕事が無くなることはありません。

AIに仕事が奪われて困るのは『嘘つき』

AI社会に必要な人

自分に嘘をつかず、個性を活かせる人

AIが普及して仕事が無くなるのは、嘘をつく人です。

しかしほとんどの人が嘘をついて生きています。

なぜなら《自分》に嘘をついて生きているからです。

次の質問にすぐに答えられますか?

自分に嘘をついていないかチェック

① 好きなことは何ですか?
② 今の生活は楽しいですか?
③ なぜ、今の仕事を選びましたか?

すぐに答えられない人は、自分に嘘をついているから答えらえません。

嘘をつかない人とは、他人に嘘をつくだけでなく、自分にも嘘をつかない人です。

なぜ、自分に嘘をついて生きている人が多いか?

それは「有名な大学に入って、会社で仕事をすることが正しい」と洗脳する大人が多いからです。

子供の時に絵を描いたり、粘土遊びだったり、好きなコトはありませんでしたか?

それがあなたの個性であり、あなたしかできない仕事です。

ほとんどの人は「労働者として働くことが正しい」と自分に嘘をつき続けています。

今後はAIロボットによって単純作業はどんどん減るでしょう。

既にユニクロやデパートのレジもセルフ化が進み、レジの店員さんが減っていますよね?

また大手企業の早期退職勧誘(リストラ)も増えています。

これからは自分の個性を活かした人が稼げる時代です。

自分に嘘をつかないために

常識を捨てる思考

●嫌われたくない
●恥ずかしい
●失敗したくない

嘘つきをやめるために常識を捨てましょう

こう言っても、すぐに常識を捨てられないことはよく理解しています。

僕も同じでしたから。

なので少しずつ考えを変えていきましょう。

常識を捨てるトレーニング

●楽しくない友達とは連絡を取らない
●仕事が嫌いなら、転職/副業活動をする
●飲み会を断る
●たくさんの人と話す
●好きなことに没頭する

自分に嘘をついている限り、人生ずっと苦しいだけです。

まずは好きなことに時間を使えるように少しずつ行動しましょう。

おわりに

知り合いが多くて良いことはあっても、困ることはありません。

人助けをすれば、必ず助けてくれる人はいます。

自己中の人もいますが、そういう人と付き合っても自分が苦しいだけなので、嫌われたくないという常識を捨てて連絡を取らないようにしましょう。

僕が小学生や中学生の子供に「道徳で何を学んだ?」と質問すると、答えられない子供ばかりでした。

これは学校の先生含め、大人が【道徳】を理解していないからです。

いじめは子供だけでなく社会人にも多いです。

道徳を理解していれば、いじめ問題は増えないはずです。

また他人を騙して、自分だけ得しようとする人も多いです。

いじめや嘘は他人をうつ病に追い込むだけでなく、命を奪う凶器になります。

正しい価値のある商品/サービスを提供できれば、嘘をつかなくても信頼を得られ、知り合いもお金も増えます。

そして信頼してくれる人が増えれば、転職/副業だけでなく、起業してもサポートをしてくれる人も増えます。

嘘をつくことを止めて、道徳のある人になりましょう。

スポンサーリンク

コメント