プログラミング

Pythonの基礎 ~ 売値の計算 ~

【提供】kropekk_plによるPixabay プログラミング
【提供】kropekk_plによるPixabay

2019年10月に消費税が8%から10%(飲食料品と新聞は8%)に上がりました。

消費税が変化すると、レジやクレジットカード、電子マネーなどのプログラムを修正しなければなりません。

それでは、Pythonで売値の計算をしてみましょう。

売値の計算(消費税8%)

以下のプログラムを書いてみましょう。

売値の計算プログラム 消費税8%

tanka:商品の単価
zei:消費税
urine:商品の単価に、消費税を掛け算
print(urine),’円’:売値の数字の後に【円】を加えて出力


そして、コマンドプロンプトに『python 《パス》』を入力して、結果が以下となるか確認してください。

結果1

『1080.0 円』と表示されれば正解です。

小数点の切り捨て

レシートを出すことを考えると、先ほどの『1080.0 円』では小数点以下を消したいと感じます。

それでは、print関数の中を『urine』『round(urine)』に書き直しましょう。

小数点の切り捨て

以下のように、小数点を切り捨てた『1080 円』と表示されたでしょうか?

結果2

【問題】消費税10%にしてみよう!

消費税8%の売値を出力するプログラムの作り方はわかりました。

それでは、消費税10%ではどのようなプログラムになるか考えてみましょう!

・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下の結果になったでしょうか?

『zei』の値を 1.10 に変更するだけでした。

▼Pythonの基礎③ ~ 異なる消費税の計算 ~

Pythonの基礎 ~ 異なる消費税の計算 ~
現在の飲料品と新聞の消費税は【8%】で、それ以外は【10%】です。それでは、Pythonでどのように記述すれば、自動で税込み価格を含めた金額をアウトプットできるのでしょうか?プログラムの説明以下のプログラムを真似して書いてみてください。プロ

おわりに

売値のプログラムについて理解できたでしょうか?

変数を使えば、誰でも修正箇所が一目でわかります。

簡単なプログラムでも引き継ぎが楽になるように、変数名はわかりやすい名称にしておきましょう!

コメント